ずぼら万歳!冬服の片づけは人任せ

>

みんなどうしてる?冬服の片づけ

冬服を自分で保管するには

冬服を自分で保管するには、まず保管する冬服を自分で洗わなければなりません。しかし、ここで厄介なのがコートですね。コートの繊維によっては洗濯機での洗濯ができなかったり、洗えるにしても袖口を手洗いしてから洗濯ネットなどに入れてからようやく洗濯機に入れることができます。せっかくここまでやっても、洗濯機のモード次第で二度と着れなくなってしまう可能性もあります。
そして、洗濯が終わったら次は干す作業ですね。たいていの場合、コートは陰干しです。それぞれ乾かしたら、いよいよしまう作業です。しまう時も平積みにはせず、縦に置くなど、虫に食われてしまわないような工夫が大切です。もちろん防虫剤を一緒に入れておきましょう。

クリーニング店に洗濯をお任せする

このように、冬服を自分で洗濯したり、片付けたりするのはとても大変な作業です。そこで、洗濯の部分を外部委託してしまいましょう。やることは、服をクリーニング店にもっていくだけです。持ち物は、服と、会員カードと、お金です。シンプルですね。クリーニング店にもっていけば、指定された時間以降に取りに行けば、自分でやったら半日はかかるであろう作業も、クリーニング屋さんがやっておいてくれます。つまり、あとは持って帰ってしまうだけ。クリーニング屋さんによっては、配達してくれるところもあるので、便利です。
さて、クリーニング店から帰ってきた洋服、どこに保管しますか。
冬服はコートやセーターなどかさばるものが多く、スペースを多くとってしまいます。特に東京は家賃が高く、収納が十分に設けられていない物件も多く存在します。どうやってしまいますか。