冬物は家で保管?使わない服を保管してくれるサービスとは

ずぼら万歳!冬服の片づけは人任せ

みんなどうしてる?冬服の片づけ

だんだん暖かくなってくると困るのが、コートの片づけですね。洗濯機で洗えないし、干すときにもかなり煩雑な指示があります。私も最近、ダウンを片付けようと思って、洗濯したのですが、手洗いして、陰干し指定だったので部屋干しして、なかなか乾かなくて大変な思いをしました。 そんな大変な衣替えについてまとめました。

冬服の保管方法は大きく分けて2通りあります

桜がもうすぐ満開を迎えようとしているこの季節に問題になってくるのが、花粉症ともう一つ、そう、衣替えです。冬服をすべて一度洗濯して、乾かして、しまう。大変な作業ですよね。
実はこの衣替え、1000年前に中国から伝わって始まったといわれています。1000年前といえば、まだ着物の時代ですから、その時代からあったのだと思うと、かなり歴史的な行事ですね。昔は、衣替えのことを「更衣」と呼んでいたそうです。ほかにも更衣と呼ばれる役職があり、名前が重なってしまったことから、衣替え、と呼ばれるようになったそうです。
また、衣替えは江戸時代に旧暦の4月1日と10月1日に行うことが定められ、この時代から、衣替えという行事が庶民にも浸透していきました。

さて、衣替えの歴史について知り、少し賢くなったところで、冬服の片づけについて、考えていきましょう。冬服の片づけは、家事の中でも一大行事とも言ってよいでしょう。なぜならば、とても大変だからです。テレビで冬服の片づけ方について、特集が組まれることがあるほど、皆さんの関心も高く、そして大変なイベントです。よく、冬服を片付けるテクニックといった言葉や、冬服を断捨離する、といった言葉が使われるように、冬服の片づけというのは、本当に疲れます。そして、せっかく買った服を捨てる、という悲しいことを強要されるときもあります。

そんな冬服の片づけがもっと簡単にできないか、その方法をまとめました。

クリーニング店で行われている冬服保管サービスとは

冬服のクリーニングをお店で任せてしまうことを提案させていただきましたが、ただ洗濯するだけだったら、結局家で収納はしなければならないので、大変ですよね。また、冬服はコートやセーターなど、もこもこした生地や分厚い生地の服が多いので、片づけが大変になってしまいます。そこで、保管も業者を利用しませんか。

おすすめクリーニング店2選

クリーニングから保管まで、すべてを行ってくれるクリーニング店はかなりたくさんあるため、どの会社を利用するか、迷ってしまうかもしれません。そこで、私が技術面や安心化などを総合的に評価して、自信を持ってお勧めできるクリーニング店2社を紹介させていただきます。